スポンサード リンク

デジモンアドベンチャーVテイマー01について

「デジモンアドベンチャーVテイマー01」は 集英社 月刊雑誌Vジャンプに平成11年1月号から平成15年10月号まで連載されていた漫画です。

連載が終了して数年が経過した今でもその人気は衰えず、書店やネットシヨッピングでは常に売り切れ・入荷待ち状態です。

ネットオークションなどでもコミックでは目玉商品になっているようです。

Vテイマー01に続くストーリー、Vテイマー02の連載を待ち望んでいるファンの声も聞きます、コミックでの新たな太一たちの冒険を期待して待ちましょう。


ストーリー
太一はゲーム機にプログラムされていないデジモンであるブイドラモンを育てたとして、ホーリーエンジェル城の城主であるホーリーエンジェモンによりデジタルワールド・フォルダ大陸へと召したてられてしまった。

フォルダ大陸ではデーモンにより超究極体の復活が計画され、平和が壊されようとしていた。

平和を守るためにはフォルダ大陸中に散らばっているVテイマータグを集める必要がある。

こうして太一&ゼロマルによる平和を守るためのアドベンチャーがはじまった・・・。


・原作、原案  井沢ひろし
・作画 やぶのてんや
・本編58話 巻数 9巻  

映画 ぼくらのウォーゲームについて

「デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム」は平成12年3月に公開された劇場映画作品です。

上映時間は40分と短いが(東映アニメフェアにて「ワンピース」と同時上映のため)内容に関してはその構成・映像などの演出について、映画を観たファンはもとより各分野の専門家より高い評価を得た。

この映画を劇場まで観に来た人のなかにはデジモンファンでは無い人も多かったはずですが、(おそらく子供を連れてきた保護者やワンピース目当てで来た人)洗練された内容により観に来た人々の心を掴みました。

この映画の公開により日本中に多くの新らしいデジモンファンが誕生したことは確実で、DVDやキャラクターグッズ等デジモン関連商品の売り上げも伸び、この映画の果たした貢献度は非常に高いと評価できるでしよう。


ストーリー
太一たちがデジタルワールドでの冒険からが帰って半年、平穏な日常生活を送っていた。

このまま何事も無く過ぎていくと思えたが。

ある日インターネット上にタマゴが出現、凶悪デジモンへと進化して行った。

デジモンはネットを伝わり世界中を恐怖と混乱に陥れていった。

凶悪デジモンに向かっていく太一たち、その結末は・・・。


平成12年3月東映アニメフェアにて上映

・監督 細田守
・原案 本郷あきよし
・脚本 吉田玲子
・キャラクターデザイン 中鶴勝祥
・作画監督 山下高明、井山高明
・美術監督 田村せいき
・音楽 有澤孝紀
・声の出演 藤田淑子、坂本千夏、風間勇刀、山口眞弓 
・主題歌  
 オープニング
「Butter-Fly」歌 和田光司  作詞・作曲 千綿偉功 編曲 渡部チェル
 エンディング
「作品No.2(春)イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム!〜」  歌 AiM 作詞 Namika  作曲・編曲 宮崎 道
 挿入歌
「brave heart」 歌 宮崎歩  作詞 大森祥子  作、編曲 太田美知彦
「レクイエム」歌 東京少年少女合唱隊  作曲 有澤孝紀

・興行収入21.6億円。

デジモンの小説について

デジモンアドベンチャーはテレビアニメより爆発的人気を博して、映画やキャラクター商品といった多くの関連作品がつくられました、小説もそのひとつです。

デジモンアドベンチャーは集英社スーパーダッシュ文庫よりノベライズされ、全3巻で構成されています。

著者は角銅博之・まさきひろ。

内容はテレビアニメのデジモンアドベンチャーと流れはおおすじでは似ているが、細かい展開については全くというほど異なる内容のため、テレビ版デジモンアドベンチャーとは違う物と捉えてもらえばよいでしょう。


・小説デジモンアドベンチャー全3巻あらすじ

●小説デジモンアドベンチャー 1 〜いま、冒険がはじまる〜

デジタルワールドを救え! 選ばれし子供たち!
7人の小学生がサマーキャンプに参加した。

ところが突然の嵐が起こり、巻き込まれた子供たちはデジタルワールドに飛ばされてしまった。

そして子供たちは、デジモンたちに出会う。

自分たちを待っていたデジモンたちの世界を救うため、7人の少年、少女たちは戦うことを決意する・・・。


●小説デジモンアドベンチャー 2 〜8人目の選ばれし子ども〜

8人目の選ばれし子どもはダレだッ!!
太一とメタルグレイモンがエテモンとの戦いの末、ブラックホールに吸い込まれてしまった。

バラバラになり残った6人だが、お互いに猜疑心を抱き始める。

すべては敵デジモンの策略だが、みんなの団結が崩れようとしたその時・・・。


●小説デジモンアドベンチャー 3 〜冒険はまだ終わらない 〜

最終対決のため、再びデジタルワールドへ!
ヴァンデモンと配下のデジモンたちは東京の各地で暴れ回るが、苦戦の末に勝利する太一たち。

だがデジタルワールドが地球に影響を与えはじめる。

放置すれば地球は崩壊の危険が出てきた、地球を守るために八人の選ばれし子どもたちが再び立ち上がる・・・。

デジモンアドベンチャー02

デジモンアドベンチャー02はデジモンアドベンチャーの3年後を描いたテレビアニメ作品です。

デジモンアドベンチャー02のストーリーの説明をします。

八神太一たちの冒険より3年後、2002年のデジタルワールドでの新たなストーリーがはじまりました。

デジタルワールドは人間の少年の姿をしたデジモン、デジモンカイザー(一乗寺賢)により支配されていました。

デジモンカイザーは他のデジモンたちを次々と洗脳していくのでした。

太一たちはデジモンカイザーと戦いますが、暗黒デジヴァイスの力を操るデジモンカイザーには苦戦を強いられていました。

そんな中でアグモンが勇気の紋章が刻まれたデジタマを発見する。

太一がデジタマに触れると、デジタマの中より新型のデジヴァイスが飛び出してきました。

一方で八神太一が元の世界に送ったEメールを見た高石タケルたちは、ピンチの太一たちを助けるためデジタルワールドに行くことを決断する。

するとそこにいたクラスメイトの本宮大輔が勇気のデジメンタルを引っこ抜いた途端に光があふれ、自身のパートナーであるブイモンが目覚めました。

デジメンタルを使ってさらにブイモンをフレイドラモン、さらにアーマーへと進化させてました。

そして操られていたモノクロモンのイービルリングを破壊して、解放させるのに成功しました。

本宮大輔は八神太一よりゴーグル引き継ぎ、選ばれし子供としてデジモンカイザーと戦っていくことを決意するのでした・・・。

デジモンアドベンチャー

デジモンアドベンチャーとは人気テレビアニメです。

ストーリーの説明をすると・・・。

世界中が異常気象の夏、サマーキャンプ中の7人の少年少女たちが、日本では見えるはずの無いオーロラより飛来してきた未知の機械の力で、未知の世界へと送られてしまいます。

そして漂着したのがデジモンワールドでした。

旅する彼らの前に強大な敵が次々と襲いかかってきます、もとの世界に帰るために7人の少年少女たちは力を合わせて戦っていきます。

やがてその子供たちを支える7体のデジモンが表れます、7人の子供たちと7体のデジモン、共に勇気と力を合わせて進んでいきます。

7人の子供たちは全員無事に元の世界に帰って行けるのでしょうか、それとも・・・。

そして子供たちが送られてしまったデジモンワールドとはいったい・・・。

デジモンアドベンチャーは、1999年3月7日から2000年3月26日までフジテレビ系列で放映されました。

もともとテレビアニメ・デジモンアドベンチャーは、1997年に玩具メーカー バンダイより発売された携帯液晶ゲーム機である「デジタルモンスター」をベースとして製作され、ストーリーはTV版としてほとんどオリジナルで考えられてました。

デジタルモンスターの記念すべきシリーズ第1作になります。

通称デジアドあるいはデジモン無印、または無印と呼ばれています。

他にもデジモンアドベンチャー01と呼ばれることも無くは無いようですが、これは第二作目のデジモンアドベンチャー02に対して呼ばれるらしです。

しかし(01)といえばデジモンアドベンチャーVテイマー01を表している事がほとんどのようです。